カテゴリ: 施工管理のはなし





やっと残務整理も終わりましたので工事の総括を行います。


総  括



                         総       括
 

                平成26年 3月28日 しゅん工


  
  今回の工事着工時に、「私たちのプロジェクトの目標を明確にする」と掲げていました

 最後にその検証をしてちゃんと整理をしなくてはいけないと思うのです。

 それは次の工事に繋げるための大事なことだと思うのです。  

  ですので、私が当初掲げたODSCにて検証し、整理をしてみます。

私たちのプロジェクトの目標を明確に-2


  O(目的)の中で 

 「発注者と共に考え、共に問題点に対して素早いレスポンスを出せる体制を確立する。」
としたが?

   今回の工事では「熊本県情報共有システム」を使用し、有効な情報の受け渡しができたと

     感じています。 

  ワンデーレスポンスもほとんどの決済は当日で、工程に遅れが出ないように配慮して戴けた。 

  素早い判断と指示を監督員さん戴いたと感じています。



  SC(成功基準)の検証

  ・路体盛土工(本線)の有害な不当沈下(路体締固密度90%以上)の発生をゼロにする。

   
各層の品質管理を十分に行って 満足できる品質の高い路体盛土ができたと思っている。

   品質管理方法としては、「土の含水比を一定に保って締固め度を安定させる事」を目標に置き
 
   初めて「土壌水分計」を利用して管理を行い、社内管理値を93%以上に設定して頑張った。

   その結果として、締固め度の平均値を95.3%で終えることができた。



  ・岩掘削による法面整形ですが、なめらかな法面に仕上げる。?

   
見た目にも美しく、粘性土の現場か?と思わせるほど非常になめらかな曲線で仕上げられ

   たなと私自身はすごく感じています。 これは施工の方法に少し工夫を加えただけですが

   オペレーターさんとの手順方法のやり取りがうまくできた証だと感じています。

 

  
・ゼロ災害達成?

   
ゼロ災害達成!  これは私の努力より工事に従事していただいたみなさんのおかげです。



  ・発注者から「工事や地域への対応が早くて良くて、安心できた。」と言ってもらう。?

  
  地域への対応に関しては特別に言葉掛けはありませんでしたが トラブルが発生しなか

   ったことは自分でも非常に良かったなと感じていますので 満足できる結果だと思っています。

   しかし、地域の方々から「お疲れ様でした、続けて受注してまた来てくださいよ」 とか 

   「もう新聞を持ってこないのよね? 寂しいね」などの言葉をたくさんかけていただいた。

   特に隣接の畑の農家のご主人には、帽子を取り深々と頭を下げてねぎらいの

   言葉をいただきました。 

   それは成功基準以上に満足した出来事であり、「ほんとうの公共工事とは発注者や受注者

   のためではなく、地域の方々のためなんだな」 とつくづく感じました。



  ・工事成績評定80点以上をもらう。?

   これは皆さんが思われた通りです。
    
     最後にこの工事ブログを見ていただいた方々にお礼を申し上げます。

    「ありがとうございました」


          国道266号交通円滑化改築(市道三年ケ浦線付替)工事 現場代理人

                                              (野添)




 工事着工に伴い、沈砂地を作りました。

しかし、雨が降ってもなかなか溜まるほどの降雨量は無く、 沈砂地機能の確認

が取れなくてウズウズしていた先日 やっとまとまった雨が降りました。

でも、大雨という程では無かったのですが その「機能と大きさ」を確認するには

ちょうど良いくらいの降雨量でした。 
                      (追記:あまり歓迎はしてはいませんが・・・)

 1. この場所もやはり硬いのでブレーカーで叩いて掘ります。

PA300001

 2. ちょうど現場を横断するように小さな側溝があるので 

   浮遊物や土を沈殿させたあとの雨水だけを側溝に流れる出るように作ります。

PA300004

 3. 作りたい形を思い描いたあと その形を目標に

   ガリガリガリと削り取ります。  (音がすごいんです)

PA300003

  4. 完成した沈砂地を 上から目視!

PA300014

 5. 1時間半で これだけしか掘れませんでしたが

   まずは小手調べという事でこれで終わることにします。

PA300013

 6. 雨水が流れ出る既設の側溝に2箇所網を張り、

   浮遊物が止まるように こまかい細工をします。

PB020092

  7. 浮遊物対策は、用心のために 2箇所細工して準備します。

   (経験上、一箇所ではなかなか完璧ではないし、安心もしませんから)

PB020091

  8.  さあ、雨!  降ってきて 流れてきてください!。

     何事も万全ということな無いと思いますが、ここは1、2度様子を見て

     降雨後の様子を確認してからでも次の対策を取るのは遅くはないです。

     本番はまだまだこれからです。 (写真中央の白い筋が水の流れる来る場所です)
PA300019


  9. 昨夜 少し強く降ったので どうしたものかと思い

    不安半分、期待半分で沈砂地を見に行きました。 

    ・ ・ ・オーッ!!

PB110016

   10. うまい具合に機能しているではないですか。

      素晴らしいではないですか!

PB110017


 11. 浮遊物もちゃんと網に止まっている!

         素晴らしい機能性ではないですか!

PB110018

 12. 2段構えで良かったみたいです。

    ゴミが途中からも入り込んでいたみたいです。

    (やったーって感じです)

PB110019

  
   これは遊びではありませんので 喜んでばかりはいられません。(笑)

   「もう少し池を広くしたほうがいいのかな」と 次の仕事がすぐに始まります。


   *注:沈砂地は工事の場所で全然作り方が違いますのでこれが正解というのはありません。

              
       「ご安全に」
               現場代理人

私はいつでも「住民よし・受注者よし・発注者よし」の 「三方良しの公共事業」に取り組んでいます。
そして私はその「三方良しの公共事業推進研究会」の一員でも有り、微力ですが普及にも勤めています。
                                    






工事に着手する前に “施工計画書”なるものを提出しましたが

気合入れすぎたので非常に時間がかかりました。(笑)

 ゆうに100枚を超えて 書いた私でさえ全部読むのに一苦労しましたよ。

しかし、あれもこれも大事なことばかりで必要最低ラインで書き終えました。(笑)

でも安堵感もつかの間、 次々と作業は続いて行きます。

P9240022

P9240028

P9240027

なんとなんと!   15mmもあるではないですか!

P9240025

事務量も多いけれど

体調崩さずに頑張ろうかと思います。

                           現場代理人
                                                         
                                                                                    




  こんにちは。

  熊本県上天草市の株式会社斎藤建設といいます。

  今回、熊本県発注の工事名称:国道266号交通円滑化改築(市道三年ヶ浦線付替)工事」

  通称“大矢野バイパス工事”を昨年に引き続き受注をいたしました。

  ご報告を兼ねまして 皆様方にご協力のお願いを申し上げます。

   工事の期間といたしましては
   
   工事期間 平成25年 8月30日から
          
          平成26年 3月20日までの7ヶ月間になります。

     工事場所及び工事区間は、大矢野町の「ヒライの弁当」さんから宇城方面を望みますと

  新しい「岩谷トンネル」が数年前に 出来ています。 その「トンネル」をくぐる直前に、国道から

  右の方向へ市道が分岐しています。  今回の工事は、その右側の市道(三年が浦線)が

  「高規格道路」新設のために寸断されますので代替のための「道路の付替工事」になります。

★位置情報1
SnapCrab_NoName_2013-8-31_7-46-48_No-00

★位置情報2
SnapCrab_NoName_2013-8-31_7-47-54_No-00

★位置情報3
SnapCrab_NoName_2013-8-31_7-48-58_No-00


今現在の状況です。↓
SnapCrab_NoName_2013-8-29_19-25-1_No-00



付替える道路(計画)を航空写真に張り付ければこんな感じになります。

合成写真(平面図)

  付替え区間(工事区間)は、約170mほどの区間です。

 工事内容は、土(山)を削り トラックで運搬する工事で、ほとんどの内容が土工事になります。

  安全に作業を行いまして、皆様に早く提供できますように社員一同一生懸命頑張ります。

 
 重ねて ご協力の程をよろしくお願い申し上げます。

  尚、今はまだ 工事を受注致しましたばかりで これから工事事務所の設営・現場調査・

 測量等を徐々に少しずつ取り掛かろうと思います。本格的な準備が整うまでは、本工事現場

 内では問題が無い所を選定して行いますのでくれぐれもご了承の程を重ねてお願い申し

 上げます。それから、現地等でお逢い致しました時とかにご質問やご相談事などがありまし 
 
 たならば御気軽にお申し出て頂きますようにお願い致します。

  また、調査を行います段階で個別に伺います折にはご配慮の方も宜しくお願い致します。

                civ_004    SnapCrab_NoName_2013-8-28_14-23-57_No-00



  それから我々は、“発注者良し・受注者良し・世間(地域)良し”の「三方よしの公共事業」を

 理想としています。理想を実現していくためには、発注者の立場になって工事の発注意図を

 良く考えて、施工後に地域のみなさんの生活環境がどれだけ改善されるかなどをいつも、

 より深いイメージを持って仕事に携わっています。
                                                         
                               現場代理人

                  

↑このページのトップヘ